ふるさと納税は自分の故郷や田舎だけでなくどこの地域・自治体にでも納税できます

「ふるさと納税」という名前から勘違いしている人が多いですが、ふるさと納税は自分の故郷や田舎だけでなく、どこの自治体にでも納税できます。

「ふるさと納税だから自分の故郷に納税するってことでしょ?」
「生まれ故郷や実家があるところ納税するの?」

というような勘違いをしている方がときどきいるようですが、そうではありません。一度も行った事のない場所や名前も聞いたことが無いようなところでもOKです。




ただし、一つだけ制限があります。それは、自分が今住んでいるところ以外ということです。

今住んでいるところはふるさと納税をしなくても住民税として税金を払うことになるので、今住んでいるところにはふるさと納税はできません。

今住んでいるところでなければ、全然知らない町でもOKですよ。

旅行で行ったことのあるところに納税してもいいし、行ったことはない有名な町や名前を知っているだけの町に納税してもいいし、単純に欲しいお礼の品があるところに納税してもいいし、被災地に応援としてふるさと納税をしてもいいです。

また、税金でそのまま支払うとその税金をどう使うかは指定できません。しかし、ふるさと納税なら納税したお金を「どう使ってください」という指定がある程度できます。街づくりに使ってくださいとか、その街の子供たちの未来のためにとか、自然環境の保護のためにとか、自治体によって違いますが、ある程度の使い道の指定ができるというのはどう使われるかわからない税金よりいいですよね。

また、知事の不祥事や税金の横領なんかがあると「税金払う意味あるのか?」と思うことってありますよね。そんなときに「だったら田舎のちゃんとしてそうなところに少しでもお金を送ろう」というのもOKです。

とにかく、ふるさと納税は現時点では自分が住んでいるところ以外ならどこでもOKと覚えておきましょう。いろんなところに納税できますよ。




  にほんブログ村 その他生活ブログ 税金へ