ふるさと納税サイトの違いを比較(主に「ふるさとチョイス」と「さとふる」の違い)

私がふるさと納税をはじめたばかりの頃は、有名どころでは唯一「ふるさとチョイス」がいろいろな自治体の情報をまとめて掲載していて、検索ができたりふるさとチョイスのサイトを通じてクレジットカード払いができたりと便利でいつも利用していました。

最近ではふるさとチョイスだけでなく、いろいろなふるさと納税に関するサイトが運営されています。それぞれの特徴や違いをまとめてみます。




ふるさとチョイス

ふるさとチョイス

ふるさとチョイス

ふるさとチョイスはおそらくふるさと納税に関する情報サイトとしては一番古いものでシェアとしても最大だと思います。ふるさとチョイス限定お礼の品なども出ています。ふるさとチョイスを使った支払いの手段はヤフーの公金決済でのクレジットカード払いが使えます。

どんな自治体にいくら寄付したかなど履歴が見れたり、お気に入りの自治体や商品をお気に入り登録したりと使い勝手も便利です。

ただ、最近はお礼の品が多すぎて見ずらい感じもあります。

さとふる

さとふる

さとふる

「さとふる」はソフトバンクグループのふるさと納税サイトです。ふるさとチョイスと比較すると、登録自治体の数やお礼の品の数は少ないのですが、お礼の品一つ一つのレベルが高かったり、またお礼の品の発送が早いです。

私も今までは昔から使っていたふるさとチョイスばかり使っていたのですが、さとふるのお礼の品が良かったり、お礼の品の発送が早いので最近はさとふるをよく使っています。

ふるさと納税初心者のために専門のスタッフが対面でいろいろ教えてくれるふるさと納税コンシェルジュや電話でサポートしてくれるコールセンターもあるので、ふるさと納税初心者の方には「さとふる」はおすすめです。

ふるぽ

ふるぽ

ふるぽ

ふるぽはJTBグループのふるさと納税サイトです。

ふるなび

ふるなび

ふるなび

ふるなびはアイモバイルが運営するふるさと納税サイトです。

ふるさとチョイスとさとふるの違い

ここで、昔からよく使っていた「ふるさとチョイス」と、私も最近よく使う「さとふる」の違いを解説します。

仕組みやお礼の品の配送の速さの違い

ふるさとチョイスは「いろんな自治体の紹介をしているサイト」という感じで、決済自体はふるさとチョイスを通してできる自治体も多いですが、基本的にはそれぞれの自治体に申し込みをする感じです。

「はい申し込みがありましたよ」と情報だけ流してくれてあとは自治体とお礼の品の生産者に任せている感じです。

それに対して、さとふるは集金やお礼の品の発送をさとふるがしてくれます。そのため、お礼の品の発送が早いです。

ふるさとチョイスはそれぞれの自治体に直接申し込む、さとふるはさとふるがまとめてくれる、という感じなので、集金やお礼の品の発送をさとふるがやってくれる分自治体も手間が省けて助かると思います。また、私たち納税者としてもお礼の品の発送が早いのはありがたいですよね。

情報量の違い

情報量ではふるさとチョイスが圧倒的に多いです。ただ、最近はふるさと納税ができる自治体の数や、それぞれの自治体の扱うお礼の品の数も増えてきたため、逆に数が多すぎて選びにくい感じがあります。

自治体のかたも生産者さんもマーケティングが得意な方とは限らないので、もうとにかく何でもたくさん出しておけば申し込みが増えると思ってどんどん増えているのかもしれません。

今では欲しいものを検索しても検索結果がたくさん出すぎて困る感じです。

その点さとふるは昔はお礼の品の数が少なくてあまりよくなかったのですが、今では多すぎるお礼の品のなかから良いものを厳選してくれている感じがあり、逆に選びやすくて満足のいく良いお礼の品が選べることが多い感じがします。

決済方法(支払い方法)の違い

決済方法は、ふるさとチョイスはクレジットカード払いができる自治体はYahoo!公金払いを使ってクレジットカードで決済ができます。

それに対して、さとふるはクレジットカード決済はもちろん、10万円未満ならsoftbankやau簡単決済で携帯電話の代金と一緒に支払うこともできます。

ふるさと納税の初心者はどこを使うとよい?

私がふるさと納税をはじめたばかりの頃は唯一「ふるさとチョイス」がいろいろな自治体の情報をまとめて掲載していて、検索ができたりふるさとチョイスのサイトを通じてクレジットカード払いができたりと便利でした。

最近ではふるさとチョイスだけでなくいろいろなふるさと納税に関するサイトが運営されていますので、いろいろ見てみて使いやすいサイトを使ってみてください。

とは言っても、いろいろ利用している立場から初心者の方にアドバイスをさせていただくとすれば、今はふるなびがおすすめです。ふるさとチョイスは数が多すぎて見つけにくい感じがあるので、ふるなびを使いつつ、ふるなびに無いレアなお礼の品が欲しい場合は情報量の多いふるさとチョイスを使うと、見つかるかもしれません。

例えば「伊勢海老」はふるなびにもあるけど「ぶどう海老」はふるさとチョイスにしか無い、サーモンはふるなびにもあるけど「時鮭」や「鮭児」はふるさとチョイスにしか無い(2016年7月の情報です)、というようなものがあります。

逆に伊勢海老やサーモンで探す場合はふるさとチョイスだと数がたくさん出すぎて「どこの自治体がいいんだろう?」と迷ってしまいますので、基本は「ふるなび」、欲しいものが決まっていてふるなびにない場合はふるさとチョイス、というのが今のところ鉄板かなと思います。

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア




  にほんブログ村 その他生活ブログ 税金へ